にじむすび

にじむすび

にじむすび通信 第60号

法改正

早いもので、今年もあっという間に一か月が終わってしまいました。今年は4月に介護保険法、障害者総合支援法の二つの法改正があります。少しずつ情報が出だしています。利用者の皆様には同意書などいただくお手間が必要となると思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

今回の法改正で、私個人が一番注目しているのが、障害者総合支援法の改正で、医療的ケア児に対する評価の改正です。医療と医療機器の進歩のおかげで、今までは救われなかった命が救われています。同時に、障害者(障がい者)の評価についても変化を求められております。重度とは何を指すのか。動けない状態が重度なのか、動けることによって重度なのか。そういった障がいに対しての評価が大きく変わる、そんな改正になったのではないかと感じております。当事者、家族の話をよく聞いて、その対応する人や法人にしっかりと評価がされる、そんなことを望みます。

さて、先月、野田聖子代議士にご登壇いただき、インターネット回線を使って講演会を行いました。その際に野田先生より「都会も地方も支援が足らない状況は同じ。足りている地域はその地域の意識の違い」というお話をいただきました。今後も重度の障がいがある方々と共に生きていくことができる地域を意識していきたいと思います。

 

株式会社にじむすび 渡辺暁典

 

【自己紹介】

昨年10月から事務局でお世話になっている小林です。
昨年の春、息子の進学を機に、美濃市に引っ越してきました。

前職では総務事務をしており、人事労務関係の仕事に携わっていました。医療福祉の知識はありませんが、事務として、この業界のことを少しずつ勉強しながら、働きやすい職場環境づくりに努めていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

みなさんペットのお話をされているので私もしたいのですが、ペットを飼っていないので、夫の実家のペットの紹介をさせて下さい。インコのピィちゃんです。出会いは5年程前。宝くじ売り場にいたお義父さんの肩にとまり、とくに逃げもしなかったので、そのままお持ち帰りしました。

“幸せの青い鳥”かもしれない、と思っていましたが、宝くじは当たらず・・・
いつか幸運を呼んでくれると信じています。

  • 採用情報
  • 事例集
  • Q&A