にじむすび

にじむすび

にじむすび通信 第44号

心と身体の関係

朝晩が急に涼しい季節になりました。私の周りでも咳やのどの痛みがある方がいらっしゃいます。どうぞ体調管理にはお気を付けください。

令和元年10月1日(火)に参議院会館にて、れいわ新選組の船後靖彦議員とお会いすることができました。1時間ほどのお時間でしたが、そのほとんどが心と身体の関係のお話でした。7月にお会いしたALSで佐賀県にお住まいの中野玄三さんからは、「心とALSの進行には関係がある」との話を聴かせていただきました。そして今回は、船後議員からも「心とALSの進行は関係がある」ということをお聴きしました。

「表情筋が動かなかった状況から動くようになり笑顔を作れるようになった、日中は自発呼吸ができるようになり、人工呼吸器を外せるようになった」という体験話をお聴きし、びっくりしました。そのきっかけとなったのが、「心」だそうです。

「前向きに人生を歩けると思ったときに身体の様子がどんどん変わっていった」とのことでした。
とても不思議で興味深いお話をお聴きする機会となりました。

 

株式会社にじむすび 渡辺暁典

 

【自己紹介】

にじむすびにお世話になって4か月が経とうとしています。栗本綾子と申します。病院勤務、急性期に携わってきた中で訪問看護の世界は、この年になって新しい看護の世界が開けたようで大変楽しく、有意義な毎日を過ごしています。

看護師の仕事に追われて生活する中で、子供の学校の卒業と同時に、スローライフをしたいと思い、愛知県より岐阜に引っ越して来ました。車やコンビニの光で、夜も明るい地域から夜になったら暗くなるという当たり前の生活であることを体験し、何かに追われるように生活していたことを痛感しています。

けれど、スローライフをするには自分が異常なまでの虫嫌いであることが分かりました。子供たちには、虫が苦手なのにスローライフによく踏み切ったね。
と馬鹿にされながらも、休日には天然温泉のスパを楽しんで私生活も自分の時間を楽しめるようになりました。

現在は、仕事も楽しくスローライフも堪能しつつ、また何かに挑戦できたらと考えています。

 

 

  • 採用情報
  • 事例集
  • Q&A