にじむすび

にじむすび

にじむすび通信 第57号

紅葉

紅葉の季節になりました。11月と言えば紅葉。毎年、季節的な話題を書いてしまっていないかと思い、平成28年からの11月の話題を確認してみますと、平成28年は「株式会社にじむすび 始動します」と題して株式会社にじむすびとして事業を再スタートしたことを。平成29年は「新規事業スタート」と題して訪問看護とフランチャイズ事業のことを。平成30年は「産業祭出店」と題して美濃市の産業祭に出店する内容を。そして昨年は「生きる力」と題して徳田虎雄さんのお話をお伝えしていました。こうやって見返してみますと、季節の話題はあまり書いていませんでした。

岐阜は、今紅葉が見頃な時期になり、栗や柿なども出回っています。東京も松茸など旬の物がたくさん出回っています。日本には四季があり、それぞれの季節ならではのことが楽しめる、そんな素敵な国だなあと改めて感じます。また、この国だからこそできる仕事。そんな仕事だと思いながらこれからも重度障がいがある方々の支援を続けていきたいと思います。

 

株式会社にじむすび 渡辺暁典

 

 

【自己紹介】

生まれ育ちは東京都足立区です。長い事アトピー性皮膚炎を患っていましたが、縁あって島根県出雲市に湯治に行きました。そこで町おこしボランティアをしている映画祭の仲間と出会い、テレビ、映画、新聞、ラジオに露出する経験ができました。出雲市に平田と言う場所があり、芸名はそれにちなんで『平田仮面』です。さらに観光大使として委嘱も受け、東京と島根のパイプ役をしています。島根県の水や空気に触れ温泉の効果もあり、アトピーは完治することができました。

今はにじむすびの仲間に入れて頂いて、とても楽しく仕事をさせてもらっていますが、当初は苦労しました。今までは高齢者介護の経験が長かったので①医療的ケアが怖くて、人工呼吸器を見ただけで固まっていました。②はコミュニケーションです。①は知識が足りなかっただけと分かり、徐々に克服できました。②は利用者様が『どうして欲しいのか?』

『今どこか辛いのではないか?』『こちらの声が届いているのか?』などと良いケアをしようと思えば思う程、自分の中での思い込みとして大きくなっていき、パンクしてしまいました。

社長に色々とサポートして頂いたおかげで今があります。今後も宜しくお願いします。

  • 採用情報
  • 事例集
  • Q&A