にじむすび

にじむすび

にじむすび通信 第59号

意識のシフト

令和3年が静かにスタートした、そんな感じを受ける今年の年始でした。今まで当然だったことが当然ではなくなり、常識ではなかったことが常識へと変わる、人類は今、そんな経験をしているのだと感じます。あまり占いなどは信じない性格なのですが、昨年の年末に星占術の世界では地から風へ大きなシフトチェンジが行われたようです。地は所有などを表し、風は心、意識を表しているそうです。占いが正しいとは言いませんが、様々な意識のシフトを新型コロナウイルス感染症で強いられている、そんな状況を感じております。

さて、利用者様には、この通信と一緒に新型コロナウイルス感染症への対応について、別紙にて通知させていただきました。今までは、我々が持ち込まないことに特に注意をしていた感染症対策ですが、今は利用者様や家族から私たちがもらわないことにも強く意識しなければなりません。ともすれば、私たち医療・福祉の従事者は、自分を犠牲にしてでも利用者を守ろうとする、そんな性格を少なからず持っています。東日本大震災の時は、多くの医療・福祉従事者が車いすや寝たきりで動けない方の上にかぶさり、身を挺して守ったという話はたくさん聞きます。しかし、意識をシフトし、我々自身がどこからも感染しない、そして職員一人一人が多くの方のお役に立てる毎日にする、そんなことを心掛けなければなりません。

現在、過去に感謝し、必ず訪れる未来へと希望をつないでいきたい、そのようなことを年頭に祈念いたしました。本年もどうぞよろしくお願いします。

株式会社にじむすび 渡辺暁典

 

【自己紹介】

昨年8月よりお世話になっております山根と申します。病院やクリニックでの勤務を経て、より患者様に寄り添う仕事がしたいという思いからこちらに入職させて頂きました。

私の訪問先は、既に意志の疎通が困難となった方のお宅ですが、各家庭の介護状況が異なる中、様々な形で御家族の愛情を感じる事が多く、このような空間でお手伝いさせて頂ける事にやりがいと喜びを感じています。

プライベートでは、一昨年末にフリーペーパーで知り家族の一員になった保護猫2匹の、ソーシャルディスタンスを守った微妙?(笑)な懐き具合に、癒され、時に引っ掻かれ(笑)、少しずつ我が家に慣れていってくれる様子を楽しみながら日々暮らしております。

コロナ渦だからこそ、ささやかな喜びを大事にしつつ笑顔で過ごしていけたらと思っています。

 

  • 採用情報
  • 事例集
  • Q&A