にじむすび

にじむすび

にじむすび通信 第66号

第6期

株式会社にじむすびは8月1日で5歳となり、第6期をスタートいたしました。事業はその3年前からスタートしておりますので、実質は丸8年、皆様にお世話になっております。

第6期では、美濃市でデイサービスをスタートします。最大25名を受け入れることができる大きな建物になります。

そして、9月からは新たに6名のスタッフが入社します。皆様には随時、ご紹介していきたいと思います。

改めてこの5年間を振り返りました。会社を経営していますと、本当に山あり谷ありの毎日だったなあと思い出しました。そんな日々を楽しめている自分の性格を作り上げていただいた先祖に感謝しかありません。一人でも多くの方々のお役に立てることが弊社の売上となり、職員が会社のために経費を削減し、無駄をなくした結果が利益となっている、それはすべて愛の結晶である、そう感じながら経営をしています。

これからも愛いっぱいの会社を経営し続けていきます。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

 

株式会社にじむすび 渡辺暁典

 

5月から新しく仲間が増えました

5月に入社いたしました、三島裕香里と申します。神奈川県に住んでおります。

私の住んでいるところは緑が多く、自然がたくさんあります。身体を動かすことが好きなので、四季折々の景色を楽しみながら、毎朝のウォーキングが日課になっています。

渡辺社長とのご縁をいただき、最初は、リラクゼーションセラピストとしての経験を活かして、ボランティアで携わらせていただきたい。その程度だったのですが、ちょうど親の介護もしていたので、この機会に本格的に介護を学んでみたい!そんな想いが強くなりました。

学び始めると、手探り状態でやっていた親の介護にも、とても役立つことばかりでした。
介護の仕事は、利用者様ご本人に直接触れながら提供していくため、根拠に基づいた介護技術を実践すること、が利用者様のニーズに応じた提供につながるということですが、心身の状況を確認しながらお身体に触れるということに関しては今までやってきたことなので、共通点もあり、渡辺社長との出会いやこの流れは、全て偶然ではなく必然だったのだなぁーと感じています。

利用者様にとって、この介護職員に出会えて良かった、そう思っていただけるようなケアを目指していきます。

皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

 

  • 採用情報
  • 事例集
  • Q&A